Home > お客様の声 > 高塚台ひろき歯科様

お客様の声

高塚台ひろき歯科様

Q.初めに、簡単に貴院のご説明をお願いします。

高塚台ひろき歯科様

開院したのは平成17年の10月です。
歯医者になりたいと思ったきっかけなんですけど、人と接する仕事がしたいというのが昔からありまして。
高校で通っていた歯医者の先生が、親しく診察の時とか声をかけてくださって、という経験があって その先生の真似をしたいと思ったのもあります。

歯医者になってからも、今流行のインプラント、矯正とか、保険の高価な治療があるんですが。
やっぱり根本は保険治療を思ってまして。
まだまだ歯医者に来たくてもこれない方、保険の入れ歯でもっとおいしく食べられるはずなのに、 保険入れ歯が合わなくて困っている方がいっぱいいると思うんです。

もっと健康保険の範囲で最大限できるとこはないかなと思って、そこを目指してやっています。

Q.それでは小さなお子様から年をめされた方まで幅広くこられてるわけですね。

と思っています。
健康保険の治療を多く希望されるなら断る理由はないと思っていますし。
私の腕も技術的に不足する部分はあると思うので、 出来ることは命一杯させてもらって、それでも無理なものはあると思うんですけど。
でも、そこまで困ったことは今のところはないです(笑)

インプラントや矯正の自費関連の治療も、昔からしたいと思ったことはあります。
ただ、それをやろうとすると、私も人間ですから、やりだしたらそちらに目が向いてしまうかもしれないので。
そちらに方に目がいく自分が嫌なんです。

窓口で頂くお金も収入も少なくなるかもしれないですけど、歯医者を好んで来てくれるお子さんを作りたいなと思うんです。
治療が終わって何ヶ月かたってから、用事もないのに「先生きたで」って手を振ってきてくれるような歯医者にしたいなって。
そちらの方がやりがいがあって、楽しいと思いますんで。

師匠の先生が昔よくおっしゃられてたのが、 まだまだ健康保険の治療で真面目にやったら十分食べていける、真面目に取り組んでみたらどうやって。指導していただたいたことがあるんです。
実際、僕の思っている以上に収入は得られるようになってきていますし。
僕だけじゃなくて、スタッフ皆含めて頑張ってくれてますし、村松先生に助けていただいてるので、 十分楽しくさせてもらってます。

Q.村松とは開院されてからのお付き合いになるんですか?

高塚台ひろき歯科様

私の家は、家系が歯医者でなく、平のサラリーマンなので、 資金がそんなにあって開業するわけでもなかったんです。
開院するのに、資金の調達等勉強したんです。

その中で、住居兼の建物建てた時に、業者さんから税理士さんをご紹介いただきました。
開業のお金の流れとか相談にのってもらえると思うよ、という形で。
最初は村松さんじゃなかったんですが、紹介いただいた税理士事務所に村松さんがおられたんです。

途中から村松さんに来ていただくことになって、 年代も近いからか、喋りやすいし、僕の思いをすごく受け止めてくれはったと思います。
前の会計事務所よりは、僕の思いをずっと分かってくれていると思うんです。

おそらく時代的に会計事務所の方から、自費診療でやったらどうか?という話になってくると思うんです。
そんなことをまったくおっしゃらずに、お子さんの保険診療で頑張って下さいと言ってくれたんで。
そこで村松さんが開業されるというときに、 続けてお願いしたいということをお話したら、快く引き継いでいただきました。
ずっと村松さんにお願いしている状態です。

Q.以前の担当者から村松に変わって大きく変化したことはありますか?

変わったことは、税理士の方に対する意識ですかね。

最初に話を聞いていただいた税理士の方が、すごく洗練された感じの方だったんです。
僕はどちらかと言ったら、鍋にあぐらをかいて焼酎片手に、缶ビールやろ!ていうのが自分だと思ってるんです。
村松さんがそうと言ってるわけじゃないですよ(笑)

あと、恐らくですが、前の税理士さんとずっとお付き合いさせていただいてたら、自費診療もやったらどう?ていうお話をしていただいたかもしれませんね。
実際今の歯科の業界からしたら、どれだけ自費診療をやっていくかというのが話題になってくると分かっています。
そんな中、村松さんに続いて見ていただいてるっていうのは、こちらの方針を理解してわかってくれる、というのはあるんでしょうね。

Q.具体的な関わりは?

月のお金の流れを数字で示していただいています。
あと、それ以外に、来ていただく間の1ヶ月にあったこと、僕の仕事中の悩みを含めて聞いてもらっています。
治療の内容などはないんですが、 たとえば、患者さんと接する時の対応、こんな場合どうしたらいいと思う?とか、 スタッフとの関わり方など、 あまり数字と関係のない話の方に時間を割いてもらっている気がします。

僕自身、まだ若輩なんですが、人を雇って人の上に立っています。
そこで、客観的に僕自身を指導してくれる、一番の立場の方だと思ってるので。
意見を聞いていただいて、こいうときにスタッフにはこう接したらどう?とか、 たとえば、スタッフが頑張ってくれてることに対して、給料を上げるかどうか、相談を含めて相談しています。

Q.スタッフの皆さんは村松を知られているんですか?

はい、もう皆さん一緒にお食事会とかをお願いしてやっています。
いつも一緒に行っている立ち飲み屋があるんですが、 そこを貸しきって患者さんも一緒に入ってもらって。

Q.今後の目標は何ですか。

高塚台ひろき歯科様

一番を言えば、子供達に好きって言ってもらえる歯医者になりたいって思ってるんです。
子供に限らず、大人も含めて、痛い、怖い、行きたくない、というのはあると思うんですけど、 それを、根底から覆したいと思ってます。
先日も、小学生の子が「いく所ないから遊びにきてん」 ってきてくれました。それで、そのへんををウロウロしてるんです。宏貴先生~って(笑)
僕は、それでいいと思ってるんです。

歯医者を、すごく敷居の高い物と思ってもらいたくないので、子供もお年よりもコンビニのように ぱっと入ってくるような感覚で、来られるところだったらいいなと。その中で皆さんが自分の歯をしっかり磨いてくれて、歯を健康に保てたらなって。
うちの歯医者は削っている音より、僕が喋っている声の方が聞こえる時間がずっと長いはずです(笑)
患者さんに、ここの歯医者削ってる音聞こえませんよ、て言われます。
削った方が保険点数が上がって、儲かるのは間違いないんでしょうけど、 そんなことしなくても食べていけるのが歯医者だと思ってるので。

Q.村松は宏貴先生にとってどんな存在ですか?

それはもちろん、家計簿であり、僕の小遣い帳でもあります。
数字的なものはまかせてますので。
僕はそれより、+アルファが多いと思います。

やっぱり仕事をしているとストレスがたまるので、飲みたくなるじゃないですか、そこで付き合ってもらったり。
仕事の内容、スタッフのことで悩んでいるときに聞いてもらう部分もありますし。
そこが大きいと思います。

何かあれば、携帯メールでしょうもないこともたまにやりとりしてます。
「やる気せーへん」とか「飲みに行きましょー」とか、そんなしょうもない内容です(笑)

きれいごとになるかもしれないんですが、 世の中お金ばかり、と思うのは嫌なんです。
報酬(お金)は後から付いてくるものだと思ってるので。

僕が聞いている範囲の先生でも、税理士の先生に見てもらっている先生は半分もいないと思うんです。
自分でやられている先生が結構多くて。

自分で出来るならやったらいいと思うんですが。
村松さんには、数字や税金以外のところ、プラスアルファを見てもらっているので、 これでいいと思ってます。

Q.最後に、B/Sマネジメントに期待することやメッセージはありますか?

高塚台ひろき歯科様

あんまり車でこないでください、飲みに行けなくなるんで(笑)
年末や3月は忙しいから、車でぱっと来て「すぐ帰ります~」て、言いにくそうに言って帰っていかれるので。

望むところは、変わらずお付き合い頂いて、ダメなところはあかん、て言ってもらって。
最初の方にお話したんですが、 この医院の長になってしまった以上、僕に上から言ってくれる人がいなくなってしまっているので。
その辺は村松さんに出来るだけ叩いていってもらいたいと思っています。

税理士法人B/Sマネジメントのサービス内容

企業経営者の方へ 医院・クリニック経営者の方へ セカンドオピニオン

事務所概要

06-6319-8610 お問い合わせはこちら
無料コンサルティングのお申し込み

事前にお悩みをお伝えいただければ、何らかの解決策などご用意してご相談に応じます。

無料コンサルティング

アクセス

アクセスマップ

アクセスマップ

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北1-21
八千代ビル東館9階
TEL 06-6319-8610
FAX 06-6319-8601

ページの先頭に戻る