Home > セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは?

数字に強くなっていただき、数字を経営に活かしていただく。

最近病院などでも「セカンドオピニオン」という制度ができています。
これは、治療を受けるにあたって、よりよい決断をするために現在かかっているお医者さんとは別のお医者さんに、意見を聞くことができる、という制度です。
これと同じように、B/Sマネジメントではセカンドオピニオンサービスを行なっています。
税務申告や税務顧問は、従来通り現状の税理士さんにお任せいたします。それとは別に、B/Sマネジメントの提供サービスうち、御社に必要なもの・既存の税理士さんにないものを選んで利用してもらう、というものです。
そうすることで、既存の税理士さんだけでは足りなかったサービスを補完することができます。

経営の数字は、税金や借入金だけではありません。
日々出てくる経理の数字を、税金の計算や銀行融資のためだけに使うというのは、もったいないことです。
もっといろんな見方ができ、そこからわかることはたくさんあります。
ほんとうに数字に強くなっていただき、ほんとうに数字を経営に活かしていただく。
そんな想いで、セカンドオピニオンサービスを提供しています。

一般法人向けメニュー  医業向けメニュー

どう使えばいいの?

既存の税理士さんは変えずに、欲しいサービスだけを選んで利用できる。必要な期間だけ、ご利用いただくことができます。

B/Sマネジメントのセカンドオピニオンサービスをご利用いただいている方でよくおられるのは、開業当初、資金もないので税務申告のためだけに税理士さんにお願いして税務処理だけをしてもらっていたのだけど、だんだん規模も大きくなってきて、いろんな数字に対するサポートが必要になってきたという方です。
今までお願いしていた税理士さんとも人間関係ができているし、そこは変えたくない・・・という方は多いと思います。
B/Sマネジメントのセカンドオピニオンサービスは、既存の税理士さんは変えずに、欲しいサービスだけを選んで利用できる、という点がポイントです。
期間も、顧問契約のように継続的にいただき続けるというわけではなく、必要な期間だけ、ご利用いただくことができます。

サービスメニューとしては、節税対策の分析や新たな節税対策のご提案、早期納税予測、おカネの流れの分析、改善提案、資金調達先金融機関のご紹介など、多岐にわたります。
また、多くの会社・病院を見てきた経験から、経営理念の作成、経営計画の作成や、経営計画発表会サポート、従業員さんの意識改善のお手伝いなど、経営に関する部分でもサポートさせて頂きます。
その他、毎月面談による、将来の目標・夢に基づく、会社・経営者の日々の悩み相談など、親身なサポートを行なっております。

ご利用いただいた方からは、
・会社の数字が分かるようになって、経営がクリアになった!
・税金に対する理解が深まり、不安感がなくなった!
・会社におカネが残るようになった!
・計画的に経営できるようになった!
・目標が明確になった!

など、喜びの声をいただいています。

セカンドオピニオンのサービス内容

一般法人向けメニュー

数字を経営に活かすサポート・経営の数字に強くなるサポート

会計資料となって紙上に現れた『会社の数字』。この数字は、みなさまの経営活動の貴重な情報が集まったものです。しかし、数字がおもしろくなく苦手に感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?B/Sマネジメントでは、会社ごとに適切なわかりやすい会計資料を提供し、親切丁寧にお伝えすることで、経営者のみなさまに『会社の数字』を好きになっていただきます。

キャッシュフロー経営サポート

税金は決算書の利益のうちから払うもの…なのに、残っているはずのおカネがない…。損益の計算と、収支の計算はまったく違うものです。その違いを把握するには、それぞれを分けて考えることが大切です。B/Sマネジメントでは、損益計算の会計資料とは別に、おカネの流れが分かりやすいオリジナル会計資料を提供し、その違いを親切丁寧にお伝えします。

資金調達・資金繰り改善サポート

経営に借入金はつきもの。借入金には返済期間、利息、返済方法などの違いや、金融機関による条件の違いなどさまざまな判断要素が関わってきます。また、ちょっとした改善でおカネの流れが良くなることもあります。B/Sマネジメントでは、融資に必要な事業計画の作成や金融機関のご紹介など、親身にサポートいたします。

経営計画の立案・実行サポート

計画のない経営は、地図やコンパスのない航海と同じようなものですが、まったく何も計画がない社長さんはいないはずです。ただ、具体的に『会社の数字』として表現できていないだけなのではないでしょうか。B/Sマネジメントでは、社長さんの想いをお聞きし、簡単な計画書を作ることからサポートします。また、計画の進捗状況を把握するための毎月の予実対比の提供や、毎期継続して立てることによる計画書のブラッシュアップもしっかりサポートします。

決算書診断サービス

社長さん・社員さんの想いがちりばめられている決算書。税務申告や銀行融資のためだけに使って、眠らせていませんか?決算書には、見方を変えるだけで見えてくる様々な経営のヒントがあります。B/Sマネジメントでは、決算書等をお預かりし、オリジナル決算診断書を作成、会社の数字の過去・現在・未来を分かりやすくお伝えし、決算書を活かした経営をサポートします。

経営・会計・節税相談サービス(経営なんでも相談サポート)

会社の経営活動を表現したものが『数字』です。しかし、経営者には、その『数字』に表れてこない『悩み』がたくさんあるのも事実。『数字』を使っているのは『人』ですから、そこには、必ず『人』の悩みもつきものです。B/Sマネジメントでは、経営・会計・節税の相談はもちろんですが、『数字』だけにこだわらず、社員さんのハナシ・ご家族のハナシなど親身にサポートいたします。

医業向けメニュー

診療報酬等収入分析・おカネの流れ分析サポート

クリニック経営において最も重要な数字は、患者さんの人数です。それ以外にも、初診の人数や再初診人数、レセプト単価や、自費診療に関する数字などにもたいへん重要な意味があります。それらの数字は、診療科目による違いや、季節による変動などさまざまな状況を映し出します。また、クリニック経営のおカネの流れは、診療報酬の入金タイミングのずれ・借入金の返済・事業と個人の支出の混同などの原因により、分かりにくくなる傾向があります。B/Sマネジメントでは、それらの数字やおカネの流れを、オリジナル会計資料を作成し、わかりやすくお伝えし、改善提案などクリニック経営に本当に数字を活かしていただくお手伝いをいたします。

キャッシュフロー経営サポート

税金は決算書の利益のうちから払うもの…なのに、残っているはずのおカネがない…。損益の計算と、収支の計算はまったく違うものです。また、個人事業のクリニックでは、事業に関する支出と個人に関する支出が混ざるためさらに違いがでてきます。それらの違いを把握するには、それぞれを分けて考えることが大切です。B/Sマネジメントでは、損益計算の会計資料とは別に、おカネの流れが分かりやすいオリジナル会計資料を提供し、その違いを親切丁寧にお伝えします。

資金調達・資金繰り改善サポート

クリニック経営に借入金はつきもの。借入金には返済期間、利息、返済方法などの違いや、金融機関による条件の違いなどさまざまな判断要素が関わってきます。また、ちょっとした改善でおカネの流れが良くなることもあります。B/Sマネジメントでは、融資に必要な事業計画の作成や金融機関のご紹介など、親身にサポートいたします。

経営計画の立案・実行サポート

計画のない経営は、地図やコンパスのない航海と同じようなものですが、まったく何も計画がない先生はいないはずです。ただ、具体的に『会社の数字』として表現できていないだけなのではないでしょうか。B/Sマネジメントでは、先生の想いをお聞きし、簡単な計画書を作ることからサポートします。また、計画の進捗状況を把握するための毎月の予実対比の提供や、毎期継続して立てることによる計画書のブラッシュアップもしっかりサポートします。

医療法人設立・分院設立サポート

クリニック経営が順調に拡大してくると、次のステップとして、医療法人の設立や分院の開設など検討なさる先生方が多いのではないでしょうか?B/Sマネジメントでは、一人医師医療法人の設立や分院設立のシミュレーションから、官公庁での設立手続きの代行までフルサポートいたします。

クリニック経営・会計・節税相談サービス(クリニック経営なんでも相談サポート)

クリニックの経営活動を表現したものが『数字』です。しかし、先生方には、その『数字』に表れてこない『悩み』がたくさんあるのも事実。『数字』を使っているのは『人』ですから、そこには、必ず『人』の悩みもつきものです。B/Sマネジメントでは、経営・会計・節税の相談はもちろんですが、『数字』だけにこだわらず、スタッフのハナシ・ご家族のハナシなど親身にサポートいたします。

税理士法人B/Sマネジメントのサービス内容

企業経営者の方へ 医院・クリニック経営者の方へ セカンドオピニオン

事務所概要

06-6319-8610 お問い合わせはこちら
無料コンサルティングのお申し込み

事前にお悩みをお伝えいただければ、何らかの解決策などご用意してご相談に応じます。

無料コンサルティング

アクセス

アクセスマップ

アクセスマップ

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北1-21
八千代ビル東館9階
TEL 06-6319-8610
FAX 06-6319-8601

ページの先頭に戻る